検索

おしゃれの達人・行方久子さんがフォーエバーマーク モーメント キャンペーンを体験

女性誌のファッション特集にもよく登場する行方久子さんは、インスタグラムのフォロワーが約3万人。毎日アップされるセンスのいい着こなしに、おしゃれのヒントを得る人たちがたくさんいます。

リアルで使えるおしゃれの秘密、それはベーシックで上質なアイテム選びにあります。そんな行方さんが身に付けるのはフォーエバーマークのジュエリー。

ダイヤモンドそのもののブランドの価値に、本質を見極める行方さんも共感したのです。

行方さんがフォーエバーマーク モーメント キャンペーンの体験プログラムから選んだのは、広尾の天現寺にある懐石料理「青草窠」でのお食事。ミシュラン二つ星に輝く名店です。

誘ったのは気の置けない女友だち。お互いに祝杯をあげたいことがありました。友人は会社からの独立、そして行方さんはずっと憧れて待ち望んでいた仕事のオファーが来たことです。

「このお椀おいしい」

素材の美味しさそのものを大切に引き出した出汁の味。シンプルで主張しすぎないけど、深く美しい味に行方さんは感動。

「素材を選ぶところから口に入るまでの一切のことに妥協をせず、強いこだわりをもっている。でも、そこを主張しすぎずにさらっとこなす。このお料理のこんなところが、フォーエバーマークと同じだなと感じました」

このプランに特別にサービスされるシャスラワインのグラスを重ねるうち、行方さんの頬もカーディガンと同じ色に。友だちとのシンプルだけど忘れられない一夜は、5月の爽やかな風とともに更けていったのでした。