クラシック ダイヤモンド ジュエリー:ソリティア リング

時代にとらわれないクラシックなダイヤモンド ジュエリーのひとつ、ソリティア リングは、多くの人々にとって定番のアイテムです。

ソリティア ダイヤモンドリングとは?

ソリティア ダイヤモンド リングとは、1粒のダイヤモンドを配した指輪のことを言います。エンゲージリングには伝統的にソリティア ダイヤモンドが使われてきました。「ダイヤモンド」という言葉は、「不屈」や「無敵」といった意味を持つギリシャ語の「adamas」に由来し、これは「情熱的に愛する」という意味を持つラテン語の動詞「adamare」にも似ています。エンゲージリングを飾るのにはぴったりな宝石なのです。

ソリティア ダイヤモンド リングの歴史

ソリティア ダイヤモンド リングの歴史はとても古く、その起源は古代ローマ時代に遡ることができます。古代ローマでは、指輪は命と永遠の象徴であり、結婚の誓いとして用いられていました。しかしソリティア ダイヤモンド リングがカップルたちの間で広く人気を博したのは、ビクトリア時代に入り、アフリカでダイヤモンド鉱山が発見されてからのことでした。

ダイヤモンドは永遠の輝き― 1947年、デビアスから有名なキャッチコピーが誕生します。この名フレーズにより、ソリティア エンゲージ リングは永遠の愛の究極のシンボルとして、不動の地位を確立しました。

ソリティア ダイヤモンド リングを選ぶ理由

ダイヤモンド リングには様々なスタイルがありますが、その中でもソリティアは最もクラシックなデザインです。「永遠」の究極の象徴として普遍的な輝きを放つ、時代にとらわれない美しさが特徴です。

また、様々なシーンに使えるその万能性もソリティア ダイヤモンドリングの魅力です。シンプルに一本で着けたり、他のリングやマリッジリングと重ね着けしたり、ソリティア ダイヤモンド リングは身に着ける方のファッションやライフスタイルを選びません。

このデザインは日本ではお取扱いがございません。

中央のダイヤモンドを主役に

どんなスタイルのリングを選ぶにしても、その主役はダイヤモンド。中央のダイヤモンドの輝きが際立つデザインを選ぶことが重要です。フォーエバーマークのリングは、ダイヤモンドの美しい輝きだけではなく、それが映えるデザインにも定評があります。

ダイヤモンドのシェイプ

エンゲージリングに人気のシェイプはクラシックなラウンド ブリリアントカットです。ラウンド ブリリアントカットは、その究極の対称性により、すべてのファセットから強い輝きが放たれます。
クッション、オーバル、プリンセス、ペアなどその他のシェイプも、ソリティア リングに個性を加えてくれます。

メタルの種類

最も人気のメタルはプラチナですが、他にもホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドなど、メタルの種類は様々。シンプルなソリティア リングも、メタルの色で全く異なる表情になります。

ソリティア ダイヤモンドとしてふさわしいのは何カラット?

身に着ける方の個性やライフスタイル、ご予算に応じて、おふたりらしいリングをお選びいただくのが一番です。サイズは関係ありません。フォーエバーマーク ダイヤモンドはさりげない大きさのものから大粒のものまで、様々なソリティア リングを取り揃えております。

ソリティア ダイヤモンド リングをスタイリングする

ソリティア ダイヤモンド リングは、1本だけで着けたり、他のリングと重ね着けしたり、様々なスタイリングで楽しめます。マリッジリングはもちろんのこと、お母様から受け継いだリングやアニバーサリーリングなど、思い出のリングを組み合わせるのも素敵な着け方です。

“永遠”のリング

愛や約束の象徴として、身に着ける方の個性を映し出すジュエリーとして、または次世代に受け継いでいく宝物として --- ソリティア ダイヤモンドリングはまさに”永遠“を紡ぐリングなのです。


ソリティア ダイヤモンド リング

フォーエバーマーク ダイヤモンドの輝きを余すことなく解き放つ、フォーエバーマークのソリティア ダイヤモンド リング コレクション。そのデザインバリエーションをご覧ください。

全てのソリティア リングを見る

美しさ

Beautiful

フォーエバーマークが お届けするのは、 美しさで厳選された ダイヤモンドです

ここをクリック

希少性

フォーエバーマークの 基準を満たす ダイヤモンドは、 世界中のダイヤモンド の1%未満です

ここをクリック

清く正しいダイヤモンド

フォーエバーマーク ダイヤモンドは 採掘からお手元に 届くまで、社会的に 正しいプロセスを 経ています

ここをクリック

認定ジュエラー

お近くの フォーエバーマーク 認定ジュエラーを検索

ここをクリック

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ここをクリック