検索

ロビン ハンセン

永遠、その意味

地上最古のダイヤモンドはおよそ33億年前に誕生したと考えられています。一方私たちホモサピエンス(ヒト)が出現したのはたった20万年前のこと。ダイヤモンドの歴史とは比べなれないほど短いのです。ですから人類と比べるとダイヤモンドの輝きはまさに“永遠”なのです。

ロビン ハンセンは大英自然史博物館で鉱物 宝石を担当するキュレーター。明るくキラキラ光るものを愛し、宝石学を専攻した母親の影響を受けたロビンは、以前からずっと原石の形や色に惹かれてきました。

“純粋な鉱物の持つ色や輝きを際立たせ、美しさをさらに引き出したものが宝石です。”

ダイヤモンドの科学――その色や輝きの原理――に興味を持ったロビンは専門の学問を修め、宝石を扱う仕事につきました。

ダイヤモンドは華やかで不朽。そして他の石と違ってそれぞれが特別なストーリーを持っています。 フォーエバーマーク ダイヤモンドの途方もない旅のように、ダイヤモンドのたどってきた旅路や年月に、ロビンはもっとも強く魅力を感じています。

“ダイヤモンドが火山活動によってたどってきた、地表に辿りつくまでの険しい道のりに地質学者として面白さを感じます。でもダイヤモンドの経てきた年月のほうが、より魅力的です。ダイヤモンドは地質学的に言うとタイムカプセルのようなものだからです。”  

ロビンにとって"永遠"はダイヤモンドが経た年月です。最古のダイヤモンドは33億年前に誕生したと考えられていますが、ホモサピエンス(ヒト)が出現したのはたった20万年前のこと。ダイヤモンドの歴史に比べるとヒトのそれはごくごく短いのです。ですからロビンにとってダイヤモンドの輝きはまさに「永遠」なのです。

永遠、その意味

世界で活躍する気鋭のアーティスト、デザイナー、パフォーマー、クリエイターたち。フォーエバーマークとのコラボレーションを展開する彼らがそれぞれ自分の言葉で“永遠”の意味を語ってくれました。

Now, Forever

永遠に変わらない価値を持つものがあることを、私たちは信じています。人は、ときには回り道をし、成功や挫折を経験しながらそれぞれの旅を通じて
真実の愛を目指します。今あなたが刻む一歩も
永遠へと近づくための一歩なのです。