検索

カラー

フォーエバーマーク ダイヤモンドの
対象となるのは、D~Lの
カラーグレード、
及び全てのファンシーカラーの
ダイヤモンドです。 

カラー

「カラー」はダイヤモンドの外観を左右する重要な要素です。極めて希少な「ファンシーカラー」ダイヤモンドを除いて、「カラーレス(無色)」が最も希少なダイヤモンドです。フォーエバーマークダイヤモンドは色の濃淡を細かく分類するために、入念な検査を行っています。世界共通のDからZまでのカラーグレードの評価が与えられます。このうち、フォーエバーマーク ダイヤモンドの対象となるのは、D~Lのカラーグレード、及び全てのファンシーカラーのダイヤモンドです。このグレードではD、E、Fが「カラーレス(無色)」のダイヤモンドとされていますが、違いがごくわずかであるため、熟練した鑑定士でも、既にカラー鑑定されたダイヤモンドのマスターサンプルを用いて鑑定を行っています。

G、H、Iが「ニアカラーレス」とされ、グレードが高いダイヤモンドと比べて見るとわずかに色味を帯びています。そしてJ、K、Lのダイヤモンドは、完全な白色を背景にしたときに、色味をわずかに確認することができます。色味の差は非常にわずかなため、専門家は正確を期すため、一定の条件を満たした光の下で、マスターサンプルを用いて鑑定を行います。

適切なカットが施されていると光の作用により色の違いが目立たなくなるため、GからHまでのダイヤモンドも、ジュエリーになった状態では、D、E、Fとほとんど違いはありません。KからLの場合、台座がイエローゴールドであれば、ホワイトに見えます。セッティングや金属の素材により、色が際立ったり目立たなくなったりすることがあります。ルース ダイヤモンド(裸石)を購入する際は、ダイヤモンドを手の甲に乗せ、ジュエリーの台座にセットされている同じようなダイヤモンドと比較してみましょう。

ファンシーカラーのダイヤモンドは極めて希少です。グリーン、ブルー、イエロー、オレンジ、ピンク、そして最も珍しいレッドなど様々な色があります。ファンシーカラーダイヤモンドの価値は、主に色の彩度によって評価され、他の4Cにおける評価が低くてもそれを補って余りある価値があるとされています。カラーグレードが高いフォーエバーマーク ダイヤモンドは、カラーグレードの低いものよりも希少性が高いため、価格に影響が現れます。無色のダイヤモンドは、イエローよりも希少であるため、より価値が高くなります。ピンクとブルーはカラーレスより遥かに高い価値があります。

カラーレス

ニアカラーレス

スライトリー
ティンテッド

ベリーライトイエロー

ライトイエロー

カラット

フォーエバーマーク ダイヤモンドの
対象となるのは、0.10カラット以上の
ダイヤモンドです。