ダイヤモンドのケア

 

4Cを超える独自の基準を満たした、 フォーエバーマーク ダイヤモンドの美 しさを保ち、輝きを永遠に持続させる ためのお手入れ方法をご紹介します。

ダイヤモンドの保管方法

ダイヤモンドの特性である硬さによって、他の宝石類、金属、さらには他のダイヤモンドをも傷つけるおそれがあります。そのため、ダイヤモンドは常にできるだけ他のジュエリーと接触しないように保管してください。

続きを読む

ダイヤモンドのクリーニング

ダイヤモンドの輝きは、ダイヤモンドの中を通過する光の量によって決まります。使用しているうちに、ほこり、皮脂、家庭用の薬品などにさらされ、これらが光の透過量を制限してしまうため、ダイヤモンドは輝きを失ってしまいます。

続きを読む