唯一無二で美しく、限りあるもの – ダイヤモンドの希少性の理由

人類の誕生よりもはるか昔、地球とほぼ同時期に誕生した天然ダイヤモンドは自然からのかけがえのない贈り物です。雪の結晶のように、ひとつとして同じものはありません。ダイヤモンドは、なぜこれほどまでに希少なのでしょうか?

地球上で最も希少な贈り物

地球上のあらゆる天然資源と同様、ダイヤモンドもまた限りある資源。その希少性と価値は増すばかりです。自然の力ではもうこれ以上、ダイヤモンドを生み出すことはできません。なぜなら、ダイヤモンドを地表まで押し上げていた火山活動は数千万年前にすでに終わっているからです。つまり、今日私たちが手にするダイヤモンドは永久の価値を持つ貴重な宝物であり、究極の愛の象徴となるのです。

極限の環境と過酷な地形

天然ダイヤモンドが生成されるためには、特別な環境条件と地質学的事象が必要です。地下125~200キロの深さで、45~60キロバールの圧力が必要だと言われています。これは地表の大気圧の約5万倍。エッフェル塔を逆さまにして、その1点を手で支えるのと同じ圧力です。

“永遠”の一片を見つける

過去140年間でサンプリングされたキンバーライトパイプ(ダイヤモンドが採れる岩石)は7,000に及びます。そのうち、実際にダイヤモンドを含むものは1,000程度。さらに、その中でダイヤモンドが豊富に含まれ、十分な採算性を有すると判断されたものは約60しかありません。そして、世界のダイヤモンドの大半はその60のパイプのうち、デビアス グループが所有するジュワネング、オラパ、およびベネチアを含む7つの鉱山からのみ産出されています。長い年月と労力をかけても、この輝く小さな“永遠のひとかけら”を発見することは非常に困難なのです。

美しく、希少なもの

人類がこれまでに研磨したすべてのダイヤモンドを世界中から集めたとしても、その大きさは2階建てバス1台分ほどにしかなりません。さらに厳しい選別プロセスを経た、フォーエバーマークのインスクリプションが印されたダイヤモンドはどうでしょう。バスのタイヤ2個分をわずかに上回るほどしかないのです。フォーエバーマーク ダイヤモンドがいかに美しく希少であるかがお分かりいただけるでしょう。

虹の色

一般的に広く知られている伝統的な無色(カラーレス)のダイヤモンドだけがダイヤモンドではありません。カラーレスよりもさらに希少性の高いダイヤモンドとして、カラーダイヤモンドも人気です。天然のファンシーイエロー ダイヤモンドは、宝飾用ダイヤモンド1万個に対し1個未満しかなく、さらにレッドダイヤモンドに至っては、世界中で見てもその存在が確認されているのは20から30個程度。非常に希少性が高いダイヤモンドです。

100万分の1

カラーダイヤモンドと同様、大粒ダイヤモンドもまた希少性が非常に高いダイヤモンドです。1カラットを超えるものは100万個に1個しかないと言われています。 これまで発見されたダイヤモンドの中で最大のダイヤモンドは「カリナン」と呼ばれ、530.20カラットを誇る世界最大のカットダイヤモンドとして有名です。

最も希少なダイヤモンド – フォーエバーマーク ダイヤモンド

悠久の時を経て育まれた天然ダイヤモンドは、非常に希少な自然からの贈り物です。この貴重な“永遠のひとかけら”は極限の環境下でしか生成されず、その希少性はますます高まっています。ダイヤモンドの絶対的な美しさと希少性を保証するために、フォーエバーマーク ダイヤモンドは17の工程から成る厳しい選別プロセスを経ています。世界中の天然ダイヤモンドのわずか1パーセント未満しかフォーエバーマーク ダイヤモンドにはなれません。


自然からの贈り物
フォーエバーマーク ダイヤモンド

豊富なデザインから
お選びいただけます

お近くの認定ジュエラーは
こちらから

ダイヤモンドの力

絶滅危惧種とその生息地保全の重要性を考えるフォーエバーマークのポッドキャストをぜひお聞きください。

ポッドキャストを聞く

自然からの希少な贈り物

カラーダイヤモンドの生成

自然からの希少な贈り物

記事を読む    

ダイヤモンドの奇跡 – 天然ダイヤモンドの生成

自然からの希少な贈り物

記事を読む  

フォーエバーマークとは

美しさ

フォーエバーマークがお届けするのは、美しさで厳選されたダイヤモンドです

ここをクリック

希少性

フォーエバーマークの基準を満たすのは、世界中の天然ダイヤモンドのわずか1パーセント未満。真に特別で希少なダイヤモンドです。

ここをクリック

清く正しいダイヤモンド

フォーエバーマーク ダイヤモンドは鉱山からお客様のお手元に届くまで、エシカルな道のりを経ています

ここをクリック

認定ジュエラー

お近くのフォーエバーマーク認定ジュエラーを検索

ここをクリック

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ここをクリック