検索

カット

フォーエバーマーク ダイヤモンドは、
「ベリーグッド」以上のカット基準を
満たしています。

カット

「カット」とは、研磨後のダイヤモンドの形の良さを指します。カットは、ブリリアンス、ファイヤー、シンチレーションの質を左右する最も重要な工程です。ブリリアンスとは、ダイヤモンドの内部と外部表面から反射される白い光のことです。ファイヤーとは、ダイヤモンドが発する虹色の煌きを指しています。シンチレーションは、ダイヤモンドが動くたびに目に映る閃光や輝きを指します。厳密なパラメーターによって角度と寸法を測定し、細心の注意を払って研磨作業が施されます。
フォーエバーマークがカットにおいて「ベリーグッド」以上の評価を満たすダイヤモンドにこだわるのは、ファイヤーに加え、美しさ、光、反射、シンチレーション、コントラスト、パターンといった要素を最大限に引き出すためです。ダイヤモンドのカットが深すぎたり浅すぎたりすると、光が側面や底面から漏れてしまい、輝きが減少し、価値の低下につながります。優れたカットのダイヤモンドは、その内部の鏡のようなファセットの間で光を反射させ、ブリリアンス、ファイヤー、シンチレーションのバランスが整っています。

ダイヤモンドのカットは、見た目の大きさにも影響を与えます。同じカラットであっても、カットの深さや形状によってサイズが異なって見えることがあります。技術の進歩に伴い、様々な形やカットが生み出されていますが、プリンセス、オーバル、スクエア、マーキーズ、ペアシェイプ、エメラルドなどのカットが代表的です。カットは時代の流行とともに発展してきました。かつては、大きく平坦でファイアを放つ「クラシックオールドヨーロピアン」カットが流行しましたが、現在では豊かなシンチレーションを放つラウンド ブリリアントカットが主流となっています。

エクセレント

ベリーグッド

グッド

フェア

クラリティ

フォーエバーマーク ダイヤモンドの
対象となるのは、フォーエバーマーク 
ダイヤモンド インスティテュート(FDI)の
エキスパートが
内包物によってダイヤモンドの
美しさを損なわれないと判断した、
フローレス (FL)から
スライトリーインクルーデッド(SI2)
 グレードのダイヤモンドです。